暑い、という事をアピールする

暑い、という事をアピールする

実際に汗をかいてしまう事が解ってしまっている場合には、来店するまでに書いてしまう汗の対策は出来ても、施術中にかいてしまう汗の対策というのはなかなか難しくなりますよね。とくにケープを掛けられてからは、何度も手を出して汗をぬぐう訳には行きませんし、そもそもケープのおかげでも動くと汗が出る、という感じになってしまいますよね。でも「自分は汗をかきやすいんです」と自分でいうのは何となく勇気が必要ですし、その時に美容師さんから嫌な顔をされたらどうしよう?なんて心配になってしまいますよね。そんな時にはすこしだけ「今暑いんです」というアピールをしてみるのはどうでしょうか。時々てで顔の周りを仰ぐ仕草をするのもよいでしょう。実際に汗をかいてしまう時には、思い切りその汗をぬぐってしまうのもアピールになりますよね。美容師さんから「暑いですか?」と聞かれたら、大袈裟なぐらいに「暑いです!」と言ってしまいましょう。せっかく美容室で料金を支払ってキレイになるために来店している訳です。施術の間の時間もできるだけ心地よく過ごしたいものですよね。自分が汗かきだから、と小さくなっている必要なんて本当はないはずなんですよね。それに実際に美容師さんが汗ぐらいの事で嫌な顔をするなんてことはないはずなんですよね。美容室に来店する汗っかきのお客さんのなかでも女性のお客さんたちは、一番気になるのは男性美容師に対してどう思われるか、という事の様なんですね。汗っかきである、というのはなんとなく恥ずかしい事ですよね。特に恥ずかしがる必要はない、という人もいるかもしれませんが、なんとなく汗をかきやすい、というのは不衛生なイメージにつながりそうで、女性ならとても気にしてしまう所です。そして汗をかく、というのは緊張すると余計に汗が出てしまう、という事があります。イケメン男性美容師が近づいてきた時には、余計に汗をかいてしまう事もあるようですね。そこで真夏の暑い時期だけは、女性美容師を指名する、というのはどうでしょうか。特に更年期にあたる女性のお客さんの場合なら、同性の美容師さんの方が色々と理解があると思いますし、そんなに恥ずかしく思わなくても済みますよね。もしもいつも指名しているのが男性美容師の方なのに、この時期だけ違う美容師を指名するのは何となく悪いな、と思う人もいるかもしれません。そういう時にはいっそのことその時だけ別の美容室に行って女性美容師を指名するのも良いのではないでしょうか。お願いする施術もカットで揃える程度にしておけば、前の美容室に戻るときにも問題は無いでしょう。ヘアサロン 菊川駅 カラー トリートメント 白髪染め クーポン おすすめ ランキング