男性美容師の増加

男性美容師の増加

美容師といえばかつては女性の職業だったように思われます。男性は同じ業種だと理容師になる人が殆どで、男性が美容室で働く姿というのはほとんど見る事がありませんでした。ですが近年では男性美容師の存在と言うのは当たり前になっていますし、むしろ人気の美容師と言えばほとんどが男性です。どうしてこのような状況になったか、といえば一昔前の美容師ブームが一つの火付け役になったようです。美容師がメディアで取り上げられることが増えたり、ドラマの主人公が男性美容師だったり、という事が増え、美容師に憧れる男性が増えたのです。そして実際に男性美容師に髪を切ってもらう事を希望する女性客が増えた事も有りますし、それだけにとどまらず、男性美容師がいるのなら、男性だって美容師に行きたい、と思う人も増えたのです。いまでは男性美容師は女性客だけではなく男子学生たちからも大人気となっているのです。そしてこの男性美容師が増えた、という事は美容師としての招来について真剣に考える人が増えた、という事にもつながります。女性美容師ならば結婚相手の理解によってはたとえ収入が少なくてもそのまま仕事を続けることができるかもしれませんが、男性美容師ともなると、それが一生家族を支えていくことができる仕事であるかどうか、という選択を迫られる人がほとんどなのです。みなさんはどのぐらいの頻度で美容室に通っていますか?おそらく数か月に一度、という人が一般的だと思います。特に髪の毛を伸ばそう、と思っている人は数か月以上、半年ぐらい間隔をあけて伸びてから美容室に行こう、と思っている人も多いようです。その心のうちは長すぎる、と思うぐらい伸ばしておかないと、美容室に行くと思っている以上に短くされてしまうから、という気持ちがあるようです。ですが逆に美容師の皆さんの心の内としては、こまめに毛先をそろえておいた方が髪の毛が早く伸びると言われていますし、揃った状態で伸ばしていくことができるので、結果的に短く切りすぎることなくスタイルを作る事が出来る、という事がある様なんですね。つまりお客さんの髪の毛があまりにも放置されていると、そろえる時にかなりの長さで切らないと、毛先を揃えることが難しい様なんですね。ですからそれが結果的にお客さんにとっては「切り過ぎ」と感じてしまう様なんですね。ですから本当ならたとえロングにすることが目的であっても、こまめに美容室に通ってほしい、というのが美容師さんの本音の様です。もっとも中には料金を節約するために美容室へ行く回数を出来るだけ減らしたい、と考えているお客さんもいますから、無理に来てください、とは言えないのが美容師の立場でしょう。