これまでの顧客へのアピール

これまでの顧客へのアピール

独立して一人で美容室の営業をするためには、その成功のためにはお客さんが来ない事には始まりません。特に最初が肝心です。オープンしたけれどもあの美容室誰も行っていないよね、となるとますますその美容室は注目されなくなります。そういう集客の戦略についてはオープンしてから考えるのではなくて、オープンする前からお客さんの目途をつけておかなくてはいけません。そうはいってもあからさまに退職前からその時点での指名客を囲ってしまうのは反則ですよね。ただだからといって何も対策をしないのは次につながりません。そもそもその時点で自分を指名してくれているお客さんが、もしも自分が独立したらついてきてくれるだろうか?と言う事を検証しておかなくてはいけないんですね。独立する、と知っても自分についてきてくれる素振りが無い、というのは、要するにそれだけしか自分には魅力が無かった、という事になるかもしれません。指名してくれている人でさえその様な状況であるならば、独立して成功するだけの技量が自分にはあるのかどうか、という所から考え直さなくてはいけないかもしれませんね。もちろん遠方で独立するなど物理的な問題でついてはいけないお客さんもいるかもしれませんけどもね。いくら一人で開業したのだから取りあえずは自分一人が食べていく事が出来ればよい状況だとしても、お客さんが来てくれない限りはそれもかないません。何か店を持つときには一番大切なのは集客です。どうやって集客するのか、という戦略はきちんと立てておかなくてはいけません。開業してから行動を起こしたのでは当然遅いわけです。オープンに向けてのアピールも大切ですし、それ以上にリピートしてもらう事も大切です。オープンしたら並行して、評判を上げる事を考えなくてはいけません。良い評判が付く事で口コミなどでさらに新しいお客さんを呼ぶことができるからです。その時に考えなくてはいけないのは、オープン時にやたらとサービスをしてお客さんを集めすぎてしまう事です。自分一人で営業している場合には、きちんと応対できる人数にも限りがあります。稼げるときに稼ぎたい、と無理に多くのお客さんの予約を入れてしまうと、各々のお客さんへのサービスが行き届かなくなってしまう可能性があります。そのような事になってしまうと、せっかくオープン時に来てくれたお客さんにとっては印象の悪い美容室となってしまいます。それだけならよいのですが「あの美容室はサービス悪いよ」という口コミが広がってしまうと、その後の客足も絶えてしまう事になってしまうでしょう。ヘアサロン 新小岩 平井 募集 独立