ニベアクリーム(青缶)がヘアトリートメント代わりになるってほんとだった?試してみた結果…

ニベアクリーム(青缶)がヘアトリートメント代わりになるってほんとだった?試してみた結果…

美容情報が大好きな私は、最近、ドイツで誕生したニベアクリームにハマっています。
そしてニベアクリームに関する情報の中には、ニベアクリーム(青缶)をトリートメントパックとして使えるというものも。

 

髪がいたんでいる私はここに注目!この情報は本当に、本当なのだろうか…?と、実際にニベアクリーム(青缶)を買って試してみました。

 

○ニベアクリームをトリートメントとして使う時の注意点

 

・青缶よりも青チューブのニベアの方が髪に馴染む

 

最初、情報通りニベアクリーム(青缶)を髪につけたのですが、すごくゴワゴワして、べたついて絡まりも激しくなり、馴染みませんでした…。

 

それもそのはず、ニベアクリーム(青缶)はテクスチャーがニベアの商品の中でも一番重いからです。

 

かためにできているので、髪に馴染まないのも当然なのですよね。
そのため、青チューブのニベアクリームに切り替えてみたところ、こちらの方が水分が多めでゆるいので、髪につけてもヘアクリーム感覚で使えます。

 

従って、ニベアクリームをトリートメントとして髪に塗布するならば、青缶よりも青チューブの方をおすすめします。

 

・シャンプー前に使う事

 

ニベアクリームをお湯だけで洗い流すのはかなり困難です。通常のトリートメントであれば、シャンプー後にタオルドライして使いますが、ニベアクリームはシャンプー前に使用してしばらくおき、その後シャンプーと一緒に洗い流すのがいいと思います。

 

○ニベアクリームを使った後の仕上がりは…

 

手触りが良くなりました。

 

翌日まで濡れたように潤っていて、見映えも若干良くなった感じです。
私の髪はもともとかなりいたんでいたので、奇麗な髪質の方であれば、もっと潤ってツヤツヤになるかと思います。

 

くしも通りやすくなりました。結論、ニベアクリームをトリートメントとして使うことは可能で、プチプラでトリートメントケアしたい女子におすすめです!

 

「皮脂」というと、ニキビを作る元、髪のフケやかゆみの原因になるなど、マイナスなイメージが強いですよね。

 

しかし、乾燥した肌や髪にとって、皮脂は良い役割を果たしてくれることもあるのです。
パサパサした髪にお悩みの方は、皮脂不足ということも十分あり得ます。
反対に、皮脂が適度に出ていれば、髪もしっとり潤って、いつもより奇麗に見えるでしょう。
それでは、皮脂が髪に与える良い影響には、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

 

○皮脂膜が頭皮と髪の潤いを保持してくれていた?

 

皮脂は皮脂腺というところ作られています。
皮脂は細胞の中に積み重なっていき、容量を超えると、次は皮脂腺内腔に送り込まれます。ここで皮脂は、頭皮の脂や汗と混じって皮脂膜を作るのです。

 

この皮脂膜は必ずしも悪いものではなく、頭皮と髪に含有される水分が奪われてしまのを防いでくれるという良い面があります。
早い話が、潤いをキープしてくれるのです。

 

過剰な皮脂のせいで頭皮がべたべたになるなど、ネガティブなところもありますが、それは皮脂が過剰に分泌されている場合です。

 

皮脂膜がな不足していると、髪と頭皮は保湿されなくなってしまい、パサパサしてきます。
これが乾燥した髪やフケ、かゆみの原因になってしまうのです。

 

さらに皮脂膜には、細菌に感染するのを防いでくれる役割もあります。

 

皮脂が過剰に出てしまうのも良くないですが、適度であれば髪に潤いを与え、綺麗に見せてくれるため、美髪には自然な皮脂も必要なのです。

 

大島 美容師 求人