お客さんは自由でいい

お客さんは自由でいい

よく美容室について書かれている記事で、お客さんには普段自分が生活している服装で来店してほしい、というような記事を見かける事がありますが、美容師さんの中にはお客さんにはそのような気遣いをする必要はない、と言っている人もいるようです。ようするにそのような気遣いをお客さんの方がしなくても、美容師の方がその人をみた印象やカウンセリング、雑談の中でその生活の様子を引き出して、そしてその人のライフスタイルにベストなヘアスタイルを提供する事が、美容師の本来の仕事である、と考える美容師もいるんですね。お客さんとじっくり向き合うためには、まずはお客さんに信頼されることが必要でしょう。まずは再指名してもらう事が第一となりますね。そうして回を重ねるごとにお客さんがどの様なサイクルでどの様な生活をしているのか、また美容室に来るサイクルの間にどんな変化が起こったか、という事も察してあげなくてはいけませんね。お客さんに対して「せっかくこのスタイルにしたのに」ではなくて「そんな事が起こったのならこのスタイルで」と言うスタンスでいなくてはいけません。お客さんの生活は基本的にお客さんの自由であり、美容室やヘアスタイルに縛られる事はあってはならない事ですからね。みなさんは髪を切るときに1000円カットを利用したことがありますか?1000円ではないにしても一般的に激安美容室というのは普通の美容室と何が違うのでしょうか?もちろん値段が格段に安い訳ですが、例えば同じ人が同じヘアスタイルにするために一般的な美容室を利用した場合と1000円カットを利用した場合と、結果的にほかの人にその違いが分かる物なのでしょうか?もしもその違いが見た感じ変わらないのであれば、だれだって安い美容室の方が良いな、と思ってしまうかもしれませんね。よく言われているのは、1000円カットに代表される激安美容室と言うのはサービスが違う、という事が言われています。シャンプーにしてもブローにしてもそんなに丁寧にはしない、もしくはまったくやらない、というカットに特化した方法で経営しているんですね。ですがもしも切っているのがちゃんとした腕のある美容室であったならば、上手なカットを格安な料金でしてもらった事になりますし、そこそこの料金を設定している美容室であっても、切ってくれるのが新人の経験の少ない美容室である場合であれば、最悪な場合1000円カットの方が出来栄えが良かった、という事にもなりかねません。結局1000円カットであっても、一般的な美容室であっても、ちゃんと免許を持って経験を積んだ美容師が切ってくれるのであれば、何の問題も無い、という事になります。どちらの美容室も美容師が切っている事には違いないのです。東伏見 美容院